さて・・・磯を変えよう。トンガリに乗っていたゴエと海春。海春は黒島向きのポイントをチョイス。高くて悪い足場に苦労しながら賢明にキーパーを狙う・・・しかし結果的に昇り竜「海春」でさえキーパーを獲ることはできなかった。ゴエは足が悪いので中々、離れに移ることはできなかったが、午後になって満を期して離れへ・・案の定、磯際でがつん!大型の魚をバラス。しかし意地でキーパーを1枚キープする。赤島のYoshiy&Fumiさんは・・・執念の釣りを展開するYoshyがトンガリの海春を尻目にキーパー2枚をしとめる・・・同行のFumiさんは・・トビウオをキープ!!したたかにグルメで賞狙い・・が・・ならず・・。

灯台下に移った、Ishiyと私、そしてPUUは・・一度折れた気持ちをおにぎりととびっきり美味い干物で奮い立たせる。足元のサラシにメジナがいることを信じて・・・。

ポイント決めは、Ishiyから選んでいく、迷わずチャカ付けを選ぶISHIY。私は順番が最後で「離れ」と呼ばれる低いところに釣り座を構える。潮があがってくる数時間が勝負!

うねりでできたサラシに仕掛けを入れるとサラシの引かれ潮で勢い良く仕掛けが持っていかれる・・その潮に乗せて00号の仕掛けを沈めながら流して・・・潮目で張って待つ。
 

コツコツ!道糸に生体反応!刹那あわせる!引かれ潮に乗って魚が沖へ走る。低い足場からは根の位置、シモリの位置は分からない・・強引に止める!魚が向きを変えた瞬間から狂ったようにゴリ巻き!一気に魚との距離を縮めると、いっぱいいっぱいの魚は、反射的に足元のシモリへ突っ込む。糸は1mmたりとも出さない!竿を締め込む魚のアクションは良く知るアクション!そうメジナの上品な引き。一気に浮かせたメジナは35aの十分なキーパーサイズ。その後、同サイズを3枚ほど立て続けにキープ。

4枚目にかかった魚は結構大型だったが、トラブルで道糸ごと切れてしまいバラシた・・なんとももったいない1尾であった。灯台下へ移ったメンバーはこれを気に一気にヒートアップ。PUUもサラシの切れ目を丹念に狙って良型38cmをキープ、短い時合を確実にモノにする。対照的に頻繁に竿を曲げるがどうしてもメジナが食ってこないのはISHIY。

バリ・・・・サンノジ・・・・カワハギ・・・まさに五目釣り状況。それでもISHIYはあきらめない。頻繁に仕掛けを打ち直しながら右や左とさまざまなポイントを探りながら攻め続けていた。残り時間が1時間を切ろうとするころ、ようやくISHIYがかけた!今までとは明らかに違うひき味・・・パワフルな竿のしなり・・しかし、穂先がたたかれている・・・「あ〜〜またバリ?」見ている人間全てがそう思った軽快な竿さばきで浮かせた魚は・・・そうキラキラといぶし銀の輝きを持つ魚「クロダイ」

磯で検量したらきっちり40cmあったクロダイの登場である。ここが伊浜である以上、ある意味とても貴重な魚である。このクロダイの登場以降はまたもやサバ・・・大サバ・・。灯台下のメンバーはそれぞれが型を見ることができた。

立島の浜ちゃんとNaoさんは大苦戦。バリ(アイゴ)の猛攻を受けて撃沈。浜ちゃんにとっては得意な伊浜だけあってその凹み具合は尋常でなかった。

同じく立島にいたKUROさんとウニマサは、磯替えを決行。宇留井と言う磯へ移動した。結果的にこれが大正解。

ウニマサは優勝を決定つける36.5a:36aをしとめる。またKUROさんもキーパーをしとめた。

 

大雨の中、誰一人放棄せずに例会は終了した。参加メンバーそれぞれが素晴らしい精神力と集中力を持っていることに改めて感心するとともにこのBIGONE GPに対する取り組みが本気であると改めて思い知らされた。サバに悩まされバリに翻弄されながらも、それぞれが結果を求めて竿先に集中し、見事結果を残してくる。

何度も言うようだが厳しい条件の中、誰一人心が折れないと言うことがこのクラブの誇りであると思う。まさに今日の日の釣りこそ、釣果だけではない参加することの意義と、最後まで粘り通した気持ちの強さこそが大切なものだと思い知らされた。
 
■BIGONE GP 第2戦 南伊豆 伊浜大会
優勝 ウニマサ 36.5a:3.06a 計72.5a 6.0P 獲得
準優勝 おぱ 35.0a:34.0a 計69.0a 4.0P 獲得
準優勝 PUU 31.0a:38.0a 計69.0a 4.0P 獲得
第3位 Yoshiy 32.5a:36.0a 計68.5a 2.0P 獲得
 
キーパー Ishiy 39.0a:黒鯛 1.5P 獲得
キーパー Fumi 32.0a:めじな 1.0P 獲得
キーパー ゴエ 31.5a:めじな 1.0P 獲得
キーパー KURO 36.5a:めじな 1.0P 獲得
 
最終結果はこのような結果であった。⇒ 超〜〜おまけ!
第2戦を終えた総合結果はこちらにて!⇒こちら

 

 

決して良い状況ではない中多くのキーパーを獲得した釣り人には大いなる賞賛を贈りたい。そして栄えある第2戦を制した「ウニマサ」には、喝采の拍手を贈る。今大会は「勢いのある若手」が制する形になったが第1戦で苦渋を飲んだベテラン勢の台頭が光った。ベテラン勢の中でもKUROさん、ISHIY、そしてゴエ、PUUと順当に魚を手に入れた。BIGONE GPの前半戦はひとまずこれでオフに入る形になる。

10月からは後半戦がスタートする・・そして12月には勝敗を大きく左右する「神津島」大会も企画している。ますます加熱しヒートアップすることは間違いない。

さぁ〜〜〜!!栄えある第1回 BIGONE MASTERの称号は誰の手に!???

激戦必至・・・・勝敗は全て僅差・・・チャンスはすべてのメンバーにある!!