西の横綱と呼ばれる恩馳群島は、

東の祈苗群島と比較するとやや水深が浅く、根がキツク張り出したポイントである。

そのためメジナなどの上物の実績も高く、

大根〜長ン根を始め有望な磯を多くか抱える。毎年メジナなどのノッコミは祈苗群島から始まり

恩馳群島へと移行する傾向があり恩馳群島の最盛期は5月〜6月までの間に集中するようだ。

⇒詳しくは写真の赤枠をクリック。