ヒラッタイ
 
恩馳群島の中でも最も沖向きに位置する「ヒラッタイ」。
その名の通り「平ら」な磯であり、磯は低く凪限定の磯である。
上り・下りどちらの潮も攻めることができ、時には本流が濁流のように
早く磯をかすめるときもある。恩馳本島向きの足元には
多くの根が点在していてその根の際で大型のメジナが食う。
やり取りはこの根に気をつけて行うことになるので多少強引に
魚を寄せる必要もあるため仕掛けは安心できるタックルがオススメ。
 
 弁慶
恩馳のカドとヒラッタイの間にある小さな磯。足場も悪く磯も低いので
ベタ凪時以外は乗ることができない。磯の周りは大小の根が多く点在し
めじなの格好の隠れ場所となっている。

ヒラッタイとの水道を狙って流しても良く。正面に見えるカドとの間を
狙うのも良いが、弁慶との間を狙える磯はここだけなので
そちらを狙うと大型のチャンスあり。

根がきついので取り込みは注意。安心できるタックルで挑みたい。
 
 
 義経
 
乗ったことがないので・・・詳細を書くことができません。
いつか乗ることができたらアップします。
 
 カド
 
ヒラッタイ同様、沖向きに位置する磯。沖向きには大きなシモリがあり、
そのシモリの際で大型が食ってくる。ヒラッタイ方面からジロハチ方面へ
流れる潮が最も良く高いところから、一段降りれればベスト
潮に乗せて流しながら探ると数が出る。

沖から潮が平根方向に挿す時は、裏向きのヒラッタイ側の水道から
流して40メートルほど先の根回りを攻めると良い。
裏側は際でも良い釣果に恵まれることがあるのでじっくり狙って
見るのも良いだろう。
 
 ジロハチ
 
足場の悪い小さな磯。2人くらいが丁度良い。本流がまともにぶつかる磯で
カド方面から潮が挿す時が良いと聞いている。

乗ったことがないので詳細が分からないので
詳細はこの磯に乗った後にアップします。
 
 平根
 
恩馳群島の裏側・・・神津島の本島側と反対側にある低い磯。
見ての通り、満潮時には3分の1程度水没する。
カド方面に潮が行くときがもっとも良い潮で釣果が上がると聞く。
カンキ方面に速い潮が行くときは、裏側も良いポイントになる。
根が多く水深もないので取り込みが大変だが数釣りの経験アリ。

カド方面に向かった際に小さなワンド状の場所があるがその下は
オーバーハングになっているようで大型が食ってくるのはこの場所。
じっくり際を狙いたい。 カド方面からぶっつけの潮の時に狙う。