エボシ
 
沖の祇苗の脇にならぶ祇苗群礁の横綱的存在。新島向かい側は足元から水深があり上物では青物などが大いに期待できる。本島向きのポイントはエボシの尻尾と呼ばれるポイントで、ここに上物がのると明神下が釣れなくなると言われるほど貴重な場所である。また、平段向かいの水道でも良い釣果を期待できる。尻尾は凪限定で少しでもうねりや波があると乗ることはできない。
 
 平段
毎年、多くのメジナの60cmオーバーが仕留められているポイント。本島向きが本命ポイントでメジナのほか、各種回遊魚も濃い潮通しの良いポイント。表も裏も竿を出せるところはすべてポイントといっても過言ではなく。大型の実績は高い祇苗の横綱的磯、ウネリがあるときは危険なので無理をしないこと。
 
 
 カド
 
常に波をなぶっているともいえるような足場の低いポイント。足場は一見良いが常にぬれているので非常にすべる場所が多い。凪の良い日限定で全面的にポイントといっても過言ではない。