御神根 中ノ島  弘栄丸
 西ノ島 中ノ島 東の島 小島 など  
 
 
■御神根 中ノ島■

南房総の最南端に位置する沖磯。数年前まで禁漁区だった場所だけあっていまだ魚影の濃さは抜群。

房総半島の最南端にあるだけに潮通しはすこぶるよく、真潮と逆潮に分かれる潮が特徴的、砂地に根が点在する地形で餌取はフグが多い。

クロダイ、メジナが狙える場所で大型の実績もあり。基本的に根回りを狙う釣り場。

 

磯は低く、凪が良いときしか渡礁はできない。特に南よりの風には弱く、ウネリにも弱い、磯は低く滑るのでスパイクシューズはフェルトスパイクが良い、ウェーダーがあれば着用をおススメします。ポイントは大きく分けて、沖向きと陸向きの2ヶ所。潮によって釣り分けると良い。逆潮の時は陸向きのポイントがよく、真潮の時は沖向きのポイントが狙い目となる。いずれも潮に乗せて流すことが可能で、クロダイ狙いの場合は特にしっかりタナを取って狙いたい。

■ポイントA
沖向きの最先端に釣り座、凪が良いときの潮が下げてからのポイントとなる潮通しは抜群によく、下げの潮(逆潮)が入ったときが特に狙い目。東の島との水道から下げてくる潮が西ノ島からの潮とぶつかり潮目ができるときがチャンス。

■ポイントB
東の島との水道を狙うポイント、上げ潮のときがよく狭い水道を速めに馴染む仕掛けで狙う。常にサラシ状態になる場所なので仕掛けが早くなじむように工夫が必要。仕掛けをしっかり張り潮に馴染ませていくと手元にアタリがでる。

■ポイントC
西ノ島との水道を狙うポイントでどちらの潮でも釣りになる場所、逆潮の時は足元から際沿いに流すと良い。また、西ノ島の際を狙ってみるのも面白い。真潮のときはポイントAの脇のシモリ根まで流してその際で待っていると大型に出会えることが多い。コマセは足元に打ってポイントを闇雲に遠ざけないように注意。

■ポイントD・E
裏側のチャカ付け場になる場所がポイント、逆潮の時によい釣果に恵まれやすい。ポイントDはクロダイが良く出る場所で陸向きの遠目の根周りを攻めるとクロダイにめぐり合える確率が高い、大型の実績もあり50センチアップも出ているポイント。ポイントEは、基本的に足元から狙うと面白いポイント、このポイントの足元は比較的水深があり、水道から入る潮に仕掛けを馴染ませて沈め探りで狙うとよくメジナが出る場所。