田中釣具店  
 一の島堤防 上 下  
 
 0479-22-7123  
   上下とも1500円
   完全到着順 釣エサ購入
   銚子港
   アクセスはこちらで確認
 

房総半島にはクロダイの名所が数多くあるが、銚子の一の島堤防もその中の筆頭とも言える場所といえる。クロダイの性質や好む環境を理解するとこの堤防がいかにクロダイ釣りに適しているかが理解できるのだが、この堤防で大釣りを生むキーワードは「ニゴリ」である。坂東太郎(利根川)の河口口に平行しているこの堤防では台風や雨がそのニゴリを生み出す、つまり台風や大雨の後がクロダイ釣りのねらい目となる。

時期は6月後半〜上と呼ばれる利根川の上流向きがよくなり季節が進むにつれ下(河口側)がよくなってくる。フカセ釣りは時期の初期(7月中旬)からがよくなり大型も数多く上がる。夏場はヘチ釣りでも高い釣果を得られる場所で数年前までここでヘチ釣りをする釣り人はいなかった。また秋口(9月後半から10月初旬)までは、カイズの数釣りが楽しめる上記のニゴリが入って潮が動くと3桁位の大釣りもいまだにあると聞く。川側は激流で大型が多く、白灯台周りが大型が上がる場所。そこより手前の赤灯台周りのテトラ帯が数が上がる場所。