南房 砂取港 奇跡の快挙
 

この日は、3日前からの時化模様を考慮し最初から 砂取港での釣りを計画していました。前日の天気予報では 風は北風のやや強い風、波の高さは2〜3メートル。 そうです砂取港での釣りにはもっとも条件のあった日和です。

こいつはメジナの43cmのすぐあとに
ヒットしてきました。
53.5cm/2.5キロ クロダイ。
その体格は厚みで5センチは
裕にありその引きはすさまじい
の一言でした。

この日は
朝一番の一投目で私がいきなり 42cmのメジナを捕り
その後も40cmを追加して まずまずの滑り出しでした。
しかし、ごえの竿には反応がなく 丸っきりの坊主、ポイントを 変わったりもしましたが 反応がない状態が続き・・・私は 前日の仕事の過労で ダウン・・・っていうか「もういいやお腹一杯って感じ」ですか・・・(;^_^Aフキフキ

車に戻って夢見気分の爆睡モードへ・・・・ 3時間くらい寝て釣りを再開 しました。 私がのん気に昼寝をしている間諦めずに釣りを続けた「ごえ」は私が釣りを再開したときには すでにふてくされモードに突入しかけていました・・f(^_^)ぽりぽり

「どうですか〜?」
と聞くと「まるでだめ〜」 という切ない返事。 そうですか・・・と振り込んだ一投目にいきなり
私の竿を引ったくる あたり! 強烈な締め込みをかわしてあがってきたのは良型メジナ
・・・44cm1.7キロ。ありゃりゃりゃ・・(-_-;)まずい

ゴエは更にフテクサレモードから
ブンムクレモードへ 突入・・・。
釣った私も思わず青い顔・・。申し訳ねぇ〜でも嬉ちィ。⇒右上へ

 

とりあえず・・・良い型なので検量を行うためお恐る
おそる 「ごえ」に 「メジャー貸して下さい・・」と声を掛
けるともうすでに「ごえ」はブンむくれモード
真っ只中・・・。しぶしぶライフジャケットの中をまさ
ぐり倒しやっとメジャーを見つけ出して無愛想に
渡してくれた。

口先をとんがらせて再び海を見据えるゴエの口先が
今度は「への字」になった・・【はて?ウキがない?】

「はっ!??」

一瞬でその状況は掴めた!ごえは大きな併せを
入れた!VSトーナメント の一号が根本から
ひん曲がっている・・・強烈なあたり!魚は右の
シモリに走る・・・傍から見ても分かる!!

デカイ!!!( ̄○ ̄;)!

ごえは 高台からやり取りをしているので
おもわず

「そこから戦ったら切られますよ!降りて!!」


って叫んでた・・・一目で分かる尋常じゃない引き
ハリスは1.7号・・・安心できるが・・・魚が 強烈な
引きなので一瞬不安になる・・・長いやり取りの末
ウキ下で腹を見せたのは・・・ まばゆいくらいの

「いぶし銀」

タモからはみ出しそうな魚体に言葉をうしなった。
私が長く維持していたクロダイの最大サイズ記録
が 破られた 決定的瞬間である・・・それも夢の
53センチ2.5キロ・・・ お見事でした。

「ごえ坊主頭」この次は60センチを 目指してがんばりましょうそれにしても 40cmオーバー のメジナ 3尾がこんなに脇役に なってしまった・・・・でも タモに入れる際の感動はやっぱ・・ クロダイだね〜〜ってつくづく感じた この1尾のせいで私が持っていたBIGONEの黒鯛の最大記録は簡単に破られ黒鯛キングの称号もどうやらゴエに持っていかれそうな気配が濃厚になってしまいました。とにもかくにも申し分ない型の黒鯛。この次はメジナの50cmオーバーがユメのサイズです。

 
仕掛け おぱの仕掛け ゴエの仕掛け
竿 ダイワVSトーナメントF1.5号 ダイワVSトーナメントF1.0号
リール ダイワ3000LBT ダイワ3000LBT
道糸 シマノの立石監修の道糸2号(これが結構いけてる!) GTR2号バス用?(海用じゃなくっていいのかなぁ)
ハリス サンラインVハード1.5号(強いけどポケットで絡まる) タフロンZ1.7号(定番の人気商品ですね)
競技グレ6号・速ガケグレ6号 競技グレ5号(でかい魚にはでかい針?やっぱ本当?)
ウキ グレックス2B(ウキはグレックスです!) ダイワフローとレギュラーモデル3B+鵜沢モデル3B水中