{

♪私のロビンフッド様♪

赤レンガ一色で彩られたいかにもイギリスの中都市という町並みの
「ノッティングハム」をノッティングハム城から見下ろす。
遠くにレンガで造られた煙突が見える、なにかの映画で見たことの
ある煙突だ。M 1を南下してくる時にも同じような煙突が見えた。
定かではないが確か昔観た「タイタニック」のドキュメントで
当時のイギリスが出てきたときにその数本の煙突が出てきた。
その煙突はなんと「石炭火力発電所」だそうだ。驚きでした。
なんともノスタルジックな風景で目に映る辺りの風景は
言葉では表現できないものでした。モノクロの写真に見た
風景はいまだにイギリス国内に変わりなく残っていた。
   
ノッティグハム宮殿の入り口の門?
これまた所々、レンガが朽ち果てていて
補修のあとが残っていた。
さっそくその前で記念写真・・
なんてことないただの門である。
これなら皇居の門の方が立派かな・・
上に見えるのがノッティッグハム宮殿。
かのロビンフッドが林檎を射抜いた場所?
ど〜でもいいけど・・・
「おい!赤虫!そのかっこ止めぃ!!」
EYAMの町を徘徊する頃から妙に
このカッコをしたがる赤虫。。
なんの意味があるんじゃ!!??おい!
 
おい・・・(-_-;)・・なんだか似てね〜か??
( ̄○ ̄;)!はっ!赤虫があんまつまんない
ことばっかやるから・・うつっちまった。。
その後、宮殿の交差点の角にあったPABに入ってコーヒーを飲んでノッティングハムを後にした。時間が夕方4時を過ぎていたので宮殿内を見物できなかったのが悔いが残るところだ・・「帰り道はなぜか?M1を使わないで帰ろう!」という事になり田舎道を地図を頼りにダービーまで戻った。ダービーについた頃には既に辺りは暗くなっていて町の中にある小さなレストランで食事を取って宿に戻った。宿の近くに「ピーターの店」という地元の人しか居ないこじんまりとしたPABがある。。前夜、そこで、「カラオケ大会 !!??」が行われていた「KARAOKE TONIGHT!!と書かれていた!」その文章に誘われて、店に入ると、店主のピーターが自らマイクで盛り上げる・・そんなスタイルのカラオケ大会の最中・・地元の人々は踊りながら騒ぎながらの大盛り上がり・・老若男女すべてが集いカラオケを楽しんでいた。ピーターの奥さんが「カラオケは日本の文化だろ!元祖なんだから!ジャパニーズも一曲やれ!!」とまくし立てるので仕方なく私が歌うハメに・・・ピーターの名DJ「ジャパニーズサムライ!!」のコールに後押しされエリッククラプトンを熱唱した。最初はビートルズを歌おうかと思ったのだが・・ここはビートルズの故郷、イギリス本土においてアジアから来た若者がビートルズを歌うのは余りにも問題がありそうでエリッククラプトンを選んだ・・歌い始めると妙にPABの中のみんなが驚いている??「なんで?ビートルズじゃないからいいじゃん!」と思いながらもメゲズに「I am KAMIKAZE 」などと訳のわからんMCを入れると・・・さらに大盛り上がり!!!??後で知ったことだがここはダービー。リップリーグリーンと呼ばれる町の隣町・・・そう・・エリッククラプトンはこの近所の出身なのだ・・・まさに神風・・特攻精神の真髄を見せた結果になったようだ。その後は手厚い歓迎を受け酒を酌み交わし楽しい時間を過ごした。。他のお客も皆、帰るときに「たら〜???」という。。なんていってるか最初は分からなかったがどうもこの辺りの方言?で「たら〜」「バイバイ」と同じ意味らしい親しい友人同士が使う俗語のようだ。個人的な偏見でイギリス人というのは閉鎖的なイメージがあったが、この日をもってそのイメージは消え去った。みんなとは言わないが、その日この店に居た方々は凄く友好的で愉快な人々だった。この日も宿に戻ってからピーターの店に繰り出し「アイリッシュエイル」「スコッチ」を飲んだ、ピーターは一際、人懐っこく話し掛けてくれて「日本の酒があるぞ!飲むか!?」と店の奥のほうの棚から貴重な日本酒を持ってきてくれた「白雪?」という名の日本酒だったと思ったが、遠い異国のローカルサイドでまさか日本酒にめぐり合えるとは思いもしなかった。。なにせここでは日本語はもちろん、アジアン民族をまったく見かけなかったから・・。おそらく彼らは日本人という民族の実物を見るのも初めてだろう・・・そんな場所だ。日本酒とカラオケ・・・日本の文化にこんなところであえるのは格別の感動を覚えた・・ただの日本酒で日本で飲んだら旨くも何とも無い酒なのかもしれないが、力いっぱい旨かったのは言うまでもない。ピーターの優しさと異国の情緒と海を越えた酒に酔いしれ・・その日は千鳥足で宿に帰ってぐっすり寝れた。SCORPIONの視察も終え、モーターサイククルショーでの新商品の物色や仕入れ契約も終わった・・仕事は終わりだ!さぁ・・・明日はいよいよロンドンで豪遊だ!神風ドランカーの凱旋だ!