銚子一の島堤防にて名手の技に酔う

最近、どうも思うような釣果に恵まれない釣れない だんだん釣りが面白くなくなってくる・・・南房まで走ることなんか何でもなかったのに遠いと思い始めてくる。そして明確に釣行回数も激減するこのままでは釣りと言う趣味自体が消滅しそうな不安感に駆られる。そんな時にふと思いついたのが原点に戻ること・・思えば私の釣りの技術向上の原点が利根川河口であった。 ここでの釣りが私が釣りにはまった原点。

aより赤灯台を見る
bより船付場を見る
cより白灯台を見る
一の島堤防の先端白灯台

根川の河口にある堤防であり、その川側に面した流れは八丈島の離島の本以上に速い。仕掛けの作り方、バランス、テクニック、など、すべてに技術が必要な釣り場であり、だからこそ面白い。

ずいぶんご無沙汰だった銚子の名所「一の島堤防」クロダイの入れ食いから命がけ北風撤収と数々の思い出がある場所だけに久しぶりだとなんか照れくさい。しかもここでは田中釣具の親方に「恐怖の雨男」と言われるほど天候についていないことが多くなんだかいろんな意味で思い出の多い釣り場です。しかし久しぶりの銚子は驚くほど良い天気で私を迎え入れてくれた。しかも連日の雨で利根川には最高の濁りが入り条件的には最高の条件である。しかも渡船直後の時間帯より下げ潮に入るためいきなり時合を迎える計算になる。嫌顔でも気体は高まる。久しぶりの釣行に田中のおっちゃん・おっかさんもとても喜んでくれたしかも一緒になった釣り人は顔なじみの草野氏。自他共に認める一の島堤防の名士である。いい事とは重なるものだと感謝する。

コマセをテトラの際に丹念に打って仕掛けを作り始めていざ勝負!ポイントに一礼して一投目を投入する。微妙なあたりはあるものウキが消しこまない。仕掛けを回収するとオキアミがかじられている。何かが食っている・・・でも頭だけが綺麗にないので何度か同じ事を繰り返す。針をチェック。傷は付いていない。どうやらフグではないようだ。クロダイがいる!そう確信した瞬間である。タナを少しだけ浅くして先ほどよりも多少強めに仕掛けを流れに乗せて張る。微妙なあたりが出る。送るか誘おうか・・・穂先で15センチほど道糸をゆっくり引っ張って誘ってみる。ウキがゆっくりとシモリ始め加速をつけて消しこんでゆく・・・見えなくなって「チャーチュウメン!おいしいな!」と唱えてあわせる!ガンガンと首を振り穂先に嬉しい魚からのアタックが伝わる。軽くいなしながら魚体が見えた銀色に煌いている。28センチくらいのカイズが本日の一枚目。やっぱり一の島。このサイズなら当たり前のように食ってくる。この中から型を揃えて行く釣りが今日も始まる。その後はコンスタントに同サイズが釣れる30cmに届かないものはすべて堤防のウラにリリース・・・。おいおい。餌取がカイズかよ!!なんて思いながらようやく32センチをゲット。しかしその後当たりが止まる。潮止まりである。

 
雲一つない晴天気持ちが良い!
食いが止まったので得意の昼寝を
敢行。小一時間爆睡してちょっと
早めに昼飯を食べた。 そういえば
草野さんはどうだろうか?先ほど
から継続的に竿を曲げていたが・・。

犬若磯で拝見した時以来久しぶりに名士の釣りをじっくり見ることにする。草野氏は人柄も素晴らしくいつもにこやかな人徳あふれる方で釣り師だけでなく人生の先輩としてもとても憧れる方で久々に拝見する名士の釣りはまるで機械のようだった。まったく無駄がなく。ほとんど同じ作業を同じタイミングと同じペースで寸分の狂いもなく同じ所を流して行く。そして同じところでクロダイが食う。すごく地味だがなんとも勉強になる釣りで小一時間見入ってしまた。時折振り返って色々とアドバイスをくれる。私も彼のような釣り人になりたいと思いながらそのアドバイスを反復するように見本を見せてくれる。う〜む。。。声も出ない。

朝一番の私が選んだ釣り座
   
 
足元のポイント  
通いなれたポイントに
懐かしさがこみ上げる、この
足元は沈みテトラが多く
流すと根掛かる場所
 
 
左側ワンド
ワンドの中は左から潮が
流れるときが良い。沈み
テトラが入ってるので
糸を張って際を止めて
あたりを待つポイント
   
コマセを潮上に打つ
コマセを足元・潮上に1回ずつ打って仕掛けを振り込む
この仕掛けの振り込むポイントが絶妙で微妙に変化する潮筋に
コマセの沈下速度と流れるスピードを計算したように同調させながら
振り込む。当然仕掛けが馴染むと見事に刺餌とコマセは潮筋に
そって綺麗に流れていく。
自然に流して行く。
仕掛けを振り込んでから少し竿先を引き仕掛けを潮筋に
対して平行になるように張り始める。貼り方が絶妙で
後ろから見ていても仕掛けの水中の姿勢が潮上から
潮下に向かってコマセの沈下速度にあわせて馴染んでいく
ことが想像できる。風の影響も考えながら流すのだが
道糸が干渉している様子は無く絶妙に水面直下を張っている。
仕掛けの微調整
コマセが左のテトラからの払い出しの潮と当たるところで引き
込まれて潮目が出来ている。その部分で貼っていた仕掛けを
コマセの沈み方にあわせて送り込んでいく。その潮目でまるで
教科書のようにウキがゆるい加速度を付けながら消えていく。
当たりが同じポイントで同じタイミングで出る。まるで魚が
そこで待っているようだ。コマセのテクニックと潮の読み方の
素晴らしさが成し得る芸術的釣りの完成する瞬間。
滑らかにゆっくりやり取りする
魚がかかってからのやり取りはゆっくりで実に綺麗である。
魚が乗った瞬間だけすばやくリールを巻いて一気に手前に
寄せているがこれはおそらくあたりの出るポイントから
いち早く引き離す為であろう。 その後はじっくり手前でやり取り
あっという間にクロダイが腹を見せながらヒラヒラと上がってくる
お手上げ状態のクロダイ
タモ入れもスムーズでほとんど一発でタモに吸い込まれる
この一連の作業がまるで巻き戻しのビデオを見ているかの
ごとくスムーズ且つスピーディーに繰り返し行われる。そしてその
一投ごとに嘘のようににクロダイが掛かってくる。サイズは小ぶり
だが熟練の釣りの技術に只々見入るだけであった。

以前、犬若磯でも足元の溝に沿って潮に乗せ沖目50m位のポイントで同じように食わせていた草野さんの釣りを拝見した。とにかく潮を掴むのが上手で流す釣りのお手本を見せてもらった。やはり潮を見る。潮を読む。潮を捕らえるというフカセ釣りの基本がこの技を支えていると感じた。

 

初心に戻るという気持ちでこの場所に来て草野さんの
ような名手と同行でき彼の釣りをじっくり拝見できた。
これも何か妙な暗示を感じさせる釣行でした。
何処へ行っても釣らなくてスランプだったときだからこそ
今の自分の釣りと洗練された熟練の釣りを見比べ素直
に吸収することが出来た。最近の釣りの中では最も
忘れられない釣りで合ったことは言うまでもない。
フカセ釣り・・・・簡単なようで難しく。複雑なようで
シンプル。とにかく奥が深いことは間違いなさそうだ。