昨シーズンは時化と餌取りに玉砕したPUUの八丈島遠征であったが今年は昨年のリベンジを近い気合が一人走りするほど乗っているPUUちゃん。さて今年は八丈島の60cmオーバーの尾長メジナを拝むことが出来たのか?
さっそくホテルに向かい釣り宿によって餌を購入し車を借りる。
初日は地磯で竿を出すことにした。地元の人には地磯の一級
ポイントと言われているらしい「石積ヶ鼻の地磯」で竿を出すことに
夕マズメのピンポイントを狙う。夕マズメには大物が掛かると聞く。
ポイントは風が強く写真のポイントでは竿が出せない。また風を
背負う場所ではすでにどっかのフールドテスターの方々が先に
竿を出していて仕方なくワンドの一番奥で竿を出すことにした・・
釣れて来るのは木っ端メジナばかり、八丈まで来てこんな魚釣
りに来たんじゃないぞ。と思っていると並んで竿を出していた釣り
人が先端で集まっているので先ほどまで彼らが入っていた場所
に移動して竿を出す。
このポイントは足元から水深があっておよそ20m位あると聞いた。
地磯だけどもいい潮色なので期待しながら何投か仕掛けを打ち
直しているとウキがモゾモゾとシモリ一気に消しこんだ!渾身の
あわせを入れてフッキング!尾長メジナならば併せを強めに入れ
て針を口元まで引き出すと何かに書いてあった。しかし 掛けた
獲物は一気に左のオーバハングに向かって走る。命一杯締めこ
んだドラグが音を立てて引き釣り出されレバーを一瞬だけ
緩めて道糸を出し竿の角度を維持する・・ここまでは上手くいった!
「これだけ竿がいい角度なら獲れる!」と思った瞬間。
足が震えるような強烈な引き込みで一気に竿が伸された。
次の瞬間、バッチンと鈍い音を立てて道糸が飛んでしまった。
回収した4号の道糸はささくれ立ってザラザラになっていた。
頭が真っ白になった。。。手も足も出ないとはまさにこの事で
切られたショックよりも足が震えるほどのやり取りに鳥肌が立った。

心躍らせながら巨グレが巣食う島八丈島へ
向け羽田を出発。わずかなフライトで八丈島
に到着。飛行場についてまずは名物の口白と
クエの剥製が出迎えてくれる。飛行場自体に
こんなものが平然と備え付けてあること自体が
この島の釣り人に対する歓迎のしるしと
思えるようである。しかし一歩表に出ると
ご覧のような強風。。さすがに八丈島なかなか
釣り人に有利な条件など与えてくれない。
今回の釣行も強風との戦いで終わってしまう
のか・・・と嫌な予感が脳裏をかすめる。

ようやく出会えた八丈の尾長メジナ。
サイズ的にはイマイチだが
念願の尾長にご満悦のPUU

 
 

その後、気を取り直して道糸を5号にサイズアップする。同じと頃を流していると同じようにウキが消しこんだ。先ほどより激しい締め込みを見せてまたもやオーバハングに向かって一直線に走る何とか向きを変えようと抵抗するが止まる気配はまったく無く溜めた竿もいとも簡単に伸されていくそしてブッツン。。。またもやハリス切れ。先ほどより鮮やかにさらに厳しい締め込みで一瞬でTHE END。2連発の大バラシ、さすがに滅入ったこれ以上のハリスは持ち合わせていない雑誌などで読む八丈島での釣りはやはり嘘ではないようだ、6号のハリスを持ってこなかった自分に腹がたった。その後同じようなところでアタリがあった先手を取って併せて磯の先端まで出る。同じように走るが重量感とパワーが足りない・・・なんだか拍子抜けして一気に寄せる。水面に浮いた魚タイは褐色の魚。。「尾長メジナ」房総半島では十分なサイズ40cm。しかしここではこのサイズが木っ端メジナのように感じてしまう。ましてや先ほどの化け物のようなアタリの直後だっただけに40cmの引きはなんか物足りない引きであった。ゴボウ抜きできるサイズである。その後、もう一尾追釣して夕マズメの攻防は終了する。バラシた事は決して自慢にならないが足が震える程の魚とやり取りできたことが嬉しかった。しかし尾長メジナの特異性を感じたのは・・・このメジナを持っている写真を撮った時、誤ってメジナのエラに触れてしまった左手の親指がバックリ切れてしまった事、口太メジナでもエラは危険であるがこんなに鋭利なエラではない。口の中なんか見てさらにビックリ。これじゃ細いハリスなんてひとたまりも無い