白浜の前日の天候はベタ凪・・・当日の天気も曇りで一時日が差すであろうという絶好の予報。勝丸渡船さんも前日の確認では全然大丈夫!ドロタ渡船OK!だった・・・しかし「嵐を呼ぶ男」がいる今回の釣行は車を走り出させた瞬間から雨。。。南へ南下するにしたがって雨足が強くなりフロントガラスに大粒の雨が当たるたびに「ゴエ・PUU」は黙って横目で私をにらみつける・・・・・・
(;¬_¬)お前のせいだ。。この雨は・・・・( ̄○ ̄;)!おっ俺かい!!

いつもお世話になっている釣具屋『3B』さんに立ち寄って
予め解凍してもらったオキアミをバッカンへつめる。さらに
雨は強くなる。。。(;¬_¬)ほら見ろ!

goe「でも雨男はしょうがないとしても取り敢えず海は凪だし風も北だから・・」
puu「そうそう。。雨は全然大丈夫。渡船出来ればOKっすよ!」

貴方達!私は雨男からバージョンアップして今は「嵐を呼ぶ男」ですよ!こんなもんじゃないかもしれないよ!
なんて言いながら「本当に渡れなかったらやっぱり俺のせいかも・・」なんて本気で思うおぱでした。

勝丸渡船さんに到着。雨はかなり強く降っていて海の状態は決して凪とはいえない状況砂取港方面から見えたドロタ島は時折水没しているように見えた。3人とも(;^_^Aはははっ・・気のせいだとかいいながら船長に挨拶をするや否や・・「ドロタ、渡れます?」と聞く。「う〜んなんとかなるでしょ!」心強い船長のお言葉を頂き今日ばかりは念入りにフローティングベストの股紐やウェストのサイズを調整しなおす。【よっしゃ〜ぁ!野郎ども!戦闘準備だ!】こんな勢いで支度を済ます。

 
いそいそと支度にかかるBIG-ONEの面々。夜中の天気予報では雨は降らないと聞いていた
のでレインウェアーの頭を持ってこなかったことにこんな時に気付いた。。なんってこった。
やっぱりレインウェアーにはいつも頭をつけておきべきだなぁ〜と反省。しかし既に時遅し。
後の祭りである。支度を終えて港の船着き場にて待機することになった。目指すは
ドロタ島。いつも遠くから眺めていつかは乗ってみようと言っていたあの島である。

釣行(渡船)前のひと時。まだ見ぬドロタ島へ期待とちょっとの不安で
サインでもあるように皆一斉にタバコに火をつけた。その昔、
神風と言われた飛行機乗り達が敵地へ出向く出発の直前に
恩師のタバコという菊の紋章の入ったタバコを吸って出発したという
気分は恩師のタバコに火をつける侍である。。一刀両断!!!・・・に
されなければいいのだが・・・f(^_^)ぽりぽり