房総半島の最南端とも言える館山根元地区、夏場にはファミリーキャンプ場として多くの人がアウトドアを楽しむ場所として知られている。そのキャンプ場のビーチの沖合いにある小群礁が御神根群礁である。通いなれた白浜渡船の先にあたるこの場所は根元港という荒れたときに爆発的な釣果が期待できる堤防でも有名である。いつものように明け方に館山有料をひた走り根元港に到着したのは午前4時であった。当日は前日から北風の強風が吹き荒れていて海は一気に凪ていた。港の中の水面はまるで鏡のようであった。5:50頃に弘栄丸の船長がやってきてオキアミをもらいいよいよ房総メジナ師の憧れの磯、御神根に向かう。。
前日からの強い北風がまだ残っている早朝の御神根「西ノ島」北風がまともに向かい風になるため早朝は西ノ島の先端部分で竿を出すことにする。潮は逆潮のようで沖から潮が差してくるというほどではないが少なくとも沖に払い出す状況ではない。ベタ凪に近い海は思いのほか潮が動いておらず多少出鼻をくじかれながらも念のためチャランボを先端に突き刺す。PUU御神根に立つ!記念すべき瞬間である。

□南房メジナ場、最後の砦

三方を海に囲まれた魚釣りの楽園、房総半島。
そんな房総の釣りの中でも黒鯛釣りとメジナ釣りは
高い人気を誇る。しかし南房総で釣れるメジナの
納得サイズは30cmといつ頃から言われるように
なったのだろう。。。雑誌や釣り人の声から
半分諦めに近い言葉があふれている。そんな
房総のメジナ釣りに明るいニュースが飛び込んだ。
40cmアップの数釣り、2`オーバーのメジナ
それは房総半島のメジナ師の憧れとも思える
驚愕の釣果であるといえる。 フラワーラインから
確認することの出来るこの磯は見るからに
釣れそうな荒々しい姿を見せてくれる。
白浜沖根、ドロタ島、と数々の名礁を抱える
南房の最後の砦にBIGONEが挑戦!
 
当日の御神根周りは南房総にしては驚くほど静かな海で
海面はまるで湖畔のように穏やかであった。ウキ工房の
ヒロさんはじめハマちゃん達に予めフグが多いところと
聞いていたので黒いハリをしこたま買い占めコマセも最初は
配合餌を混ぜずに撒くことにする。先端部分であるなが
ら潮は緩んでいて沖に払いだすわけでもなくさしてくる
訳でもなく同じところでゆっくりとコマセはほぼ垂直に
沈んでいく状況で御神根の第1投を振り込んだ。

いきなりモゾモゾとウキがシモる。。嫌な予感・・。
仕掛けを回収するとやはり・・ハリがない。
予め予想はしていたがいきなりこの状況がくると
苦笑いをするしかないのが本音である。
釣り開始から数投でウキが元気よく消し込む。待ちに待った
アタリ!あわせてみると明らかにメジナの引き。しかし
重量感がない・・・木っ端メジナのお出ましである。
これを皮切りにとめどなく木っ端が付け餌を盗んでいく。
フグの餌取よりも木っ端メジナが多く。釣りにならない。
しばらくすると大きな魚影が足元に現れた。おお!!
興奮して声を上げるがよ〜くみると尻尾に3本の線が。。
出たな・・サンノジのお出ましである。それもでかい!
目測でありながら40cmは軽くある・・下手をすると
50cmに手が届くのではないか?とも思える大型・・。
「おいおい・・あんなのかけたら・・・腕がもげるぞ・・」
戸惑いながらも魚の大きさに驚くそれも数匹いる。。
釣り人の勝手な心配をよそにそのサンノジ達は
コマセに反応はするがまるで食う気がないようで
ゆっくりと水面下を漂っている・・ムカ!!