GoeとYoshiyにとっては御神根デビュー!前回の釣行から考えると見える魚のサイズや前回の状況などを考慮すると西ノ島がよさそうであるという判断で数日前から西ノ島を予約していた今回の釣行。前夜、おぱはYoshiyは初顔合わせをしておっぱいプリンを頂きニコニコで御神根の様子を熱く語っていたようだ。とりあえず予定ではおっぱいプリンを磯で食すつもりだったのだろうが・・オパが前夜に持っていってしまったので今回はおっぱいプリンの磯デビューは無かった・・後で考えると磯におっぱいプリンを持ち込まなくてよかった・・・皆がそう思ったであろう。当日はいきなりハプニング。西ノ島を予約してあったBIGONEの面々であったが急遽変更となった。ダイワの鵜沢さんが取材班を釣れて訪れたらしく大人数なので西ノ島しか乗れないとの事で鵜沢さんらのたってのお願いということで磯を代わってくれないかと申し込まれたそうだ。「鵜沢さん信者であるゴエやBIGONEの輩はあもすもなく承諾し東島へ変更することとなった。しかしこれが彼らにとっては天国と地獄の境目になるとは判るはずもなかった。
当日はどんより曇り空で前日までウネリガ残っていたので状況は良い。いかにも釣れそうな雰囲気が漂っている。東の島は一番陸向かいにある小さ目の島で2人でもいっぱいといえるような磯である。早速仕替えを作って釣りを開始する。投げるたびに針が無くなる御神根の必殺パターンが早くも始まる。エサトリのフグがやたら多い。前回、おぱが西の島に乗った時はフグよりも木っ端メジナに悩まされたと聞いたがこの東の島は本来の御神根らしくフグが非常に多い・・針がもたん!ゴエは投げるたびにフグに針を切られる・・・一方YOSHIYのポイントははフグはそうでもないが釣れるのはベラばかりと言う状況であった。大物が寄っている気配は無い。餌取りの活性も高いとはいえない・・フグだけが頻繁に口を使う。得てしてこういうときに「ガツン」といきなり大物がヒットすることがあるので気を抜かずに竿を振った。

たまたま一緒になった成田磯のHIROさん
無心で竿を振るBIGONEのエースYoshiy
久々に見る賑やかな磯の様子
西の島の釣果・カイズ

中の島にはウキ工房でも一緒に釣りをするメンバーでもあり釣友でもあるHIROさんと船〇さんが居合わせた。中の島も餌取りとの戦いと活性の上がらない魚との駆け引きで辛い釣りを強いられているようだ。御神根は、「西ノ島」「中ノ島」「東の島」とこの3つの磯は比較的、隣接しているにもかかわらず、乗った島で大きく釣果が変わると聞いている。数十メートルの距離なのでそんなに大きな違いが有るとは思いがたいがこれがはっきりするのがこの磯の大きな特徴である。またそのシーズンによっては釣れる島と釣れづらい島ともはっきり分かれるとの事。事前の話では今年は中ノ島がいいと聞いていたのでヒロさん達の竿が気になってしょうがなかったのは言うまでも無い。数時間が経過すると西の島で歓声が上がっているのが聞こえてくる何気なく眺めていると数人が連続で竿を絞っていた。どうも西ノ島は予想通りよさそうである。ロッテマリーンズの選手と鵜沢プロの組み合わせは意外で、私が知っている限りではマリーンズの選手などは確かシマノの番組にでていたように思えたが・・鵜沢プロはダイワのフィールドテスター??どういうことでどういうつながりかはわからないがとにかく面白い組み合わせのメンバーは次々に竿を曲げていた。時間ばかりが過ぎていく中、ようやくメジナの30cmクラスをしとめたが時間切れ・・・磯上がりの時間となった。港につくと鵜沢さんはじめマリーンズのメンバーが今日の獲物を披露していた。( o_o)ガーン!!デカイ!メジナは黙って45cmはあるだろう・・クロダイもそれくらいある。。カイズがかなり寄っていたようでカイズは十枚くらい。なんてこった・・・。私たちが上がっていたから同じ効果を手に入れられたとはもちろん思わない。そこは鵜沢さんの神業的釣技の賜物であろう・・しかしチャンスは十二分にあったはず。ジャージ姿の人がおもむろにちかっよってきて歓声を上げている何気なく顔を見るとなんとマリーンズの黒木選手!釣り好きとは聞いていたが御神根に姿を現すほどとは・・・しかし今シーズン成績不調(故障のため)の黒木選手は自粛中だそうでなんだか恨めしそうな顔をしてその釣果を覗き込んでいた。普段の生活から自分にルールを作るあたりはさすがに一流選手というt頃だろうか・・。少し見習わなくてはいけないキャバクラ通い中毒のBIGONEだ。

 


釣り自粛中の黒木選手。来期の
復活を心から期待する
実はgoeを含めおぱもマリーンズ
の熱烈ファン!

堀さんのジャケットの
マリーンズマークが
かっちょいい!ほし〜〜い!
仕事でもお世話になっている。
北〇さんに頼んでみるの
も良い手かもしれない。。むふふ
皆でマリーンズを応援しよう!

鵜沢さんとマリーンズ磯釣り同好会の西ノ島の釣果。メジナもクロダイも良い型である。カイズも結構上がっていたのでさぞかし楽しい釣りであったろうと想像できる。なんの取材だか分からないが是非ともその番組を拝見させていただきたいと思う。このサイズがこの時期にあがる御神根・・・さすがは名礁と呼ばれるだけのことはある。

以前、ゴエは白浜渡船でお話をしたこともあり、気さくで愉快な方だと聞いていたがとかく、トーナメンターだのフィールドテスターだのといわれる方はとっつきづらいイメージがあるようでそうお思いの方が多いと思われるが、少なくとも鵜沢プロは雑誌などの文章が現すとおりの人格の持ち主でとても紳士で気さくな方である。さすがに渡船に乗っている姿もさまになっていて、彼の人徳が今日日の鵜沢さんの人気を維持しているところだとつくづく思う。今日の釣果もさすがは一流のトーナメンターであると改めて実感した。

こんな感じでゴエとYOSHIYの御神根釣行は終了した。芸能人釣り大会!!ではないが各方面の一流プロとの交流を垣間見て不思議な感覚になった釣りではなかっただろうか?御神根は釣果のムラが比較的ないポイントと聞いている。今日の釣果を見る限りでは今後は更に期待できると思われる。