3度目の正直と期待でパンパンになっていたドロタ釣行だったが、またもや前線が接近し前夜の段階であえなく中止。こうなったら迷わず白浜渡船へ!前線が接近しているので白浜渡船も多少不安があったが、朝一番の大和田さんの声は・・・「大丈夫だよ〜!乗れるよ〜!」「よっしゃ〜!」と気合が入る「マッチン」へ乗ることになった。当日のマッチンはやはりウネリが高い、マッチンは道具が置ける高いところが無いのでチャランボはすべて荷掛けになった。バッカンを足元において「いざという時にはふんずけよう!」いうことになった。じゃんけんで場所を決め、途中で場所がぇしようということになった。Yoshiyが右側、私が左側、そしてPuuが正面へ。ちなみにPuuとYoshiyは今日が初対面。でもすでに意気投合し愉快に会話しながら支度を終えて皆で同時に仕掛を振り込む。

コマセを足元に入れるがメジナの姿は無い。潮は逆潮。左から右に流れている。この状況の時は、右サイドのポイントが最もいい場所となる。何度か刺し餌を振り込むとようやくアタリがでる。竿に乗ったがすっぽ抜けた!?なんじゃ?仕掛を回収すると針が無い。。。フグがいるようだ・・その後、フグに苦しめられる「ここは御神根!??」そういいたくなるほどのフグぉ猛攻の中、Puuが大きな声をあげる!「おいおい!Yoshiy!いいじゃんいいじゃん!」振り返るとYoshiyが竿を強烈に曲げている。

 

勢い良く曲がったYoshiyのがまグレ競技は綺麗な弧を描きながら静かによっくりと魚を浮かせにかかっている。仕掛の先についているものをPuuと二人で穴があくほど凝視。。このところのYoshiyのパターンだと・・・三本線の可能性も充分ある。。しかし水面を割ったのは、私としては白浜渡船では本当に久々に見た良型のメジナ。「おおお!!」マッチンに歓声が上がる!危なげなくタモに納まったメジナは目視で軽く40cmはある!いつも笑顔の明るいYoshiyだがこれ以上ない満面の笑みを浮かべる。同時にマッチン上にいた磯師のボルテージは一気に沸騰点を超える。「Yoshiyに続け!」と振り込んだ私の仕掛に微妙なアタリ。少しだけ張るとウキが消し込む!「よっしや!」一瞬ものすごい期待をするがサイズはイマイチ。またもや30cm前後の中型サイズ・・今年もこのサイズに悩まされそうな気配。前回の釣行で会長が38cmを上げたポイントをしっかりと覚えていたという彼は、上手に潮をつかみ、的確にそのポイントに仕掛を入れたようだ。繊細な釣りの勝利ともいえる本当に価値ある一尾である。

   
その後、ポイントを変わることになりPuuが右へ入るがPuuは正面が気になるようなので私と場所を変わる。右サイドに私が入るが釣れてくる魚はサイズアップどころがサイズ激ダウン!キーホールダーサイズ??が食ってきて釣りにならない。そのうちそのサイズも口を使わなくなり、寂しい時間が流れる・・。竿が強烈に曲がるのはYoshiだけ・・・左サイドに入ったYoshiyは2度サンタをかけて竿曲がりを楽しんでいるその手前でよだれを垂らすPuuの姿が左の写真。お〜!おいおい!を連呼する私たちの悲鳴に似た叫びが木霊する・・。

さっきまで腐るほどいた、木っ端メジナもフグもいなくなった、ウネリが出始めていいサラシが出来始めた。サラシは沖に払い出しいかにも釣れそうな状況が目の前に広がりだした。しかし僅か数分で海は激変しだし大きなウネリが出始めた。なんどか足元に大きなウネリがぶつかり道具どころか人までも流されそうな勢いである。仕方なく撤収を決め、大和田さんに救援連絡を入れる。白浜の磯にはなれているが、「少しでも危険な気配があるのなら無理をしない」私たちは、これを臆病とか根性なしとかこれっぽっちも思わない。「かっこいい」と思う。海を愛し釣りを長く楽しむことの出来る本物の磯師のスタイルだと確信している。
 
 
記念すべきYoshiyの白浜渡船での40アップ第一号を大切に船に乗せ、今回、最も盆果に終わったPUUはマッチンに居残りの刑に処された。「は〜〜い!○○さん!今夜は迎えにこないから!明日の朝一番で迎えにきますね〜!」と磯を離れる「大和田さん」さよなら〜と手を振るPUU。この後、大和田さんは本気で行こうとしていた・・(-_-;)
渡船小屋に戻って「今週のスター」に登録されたYOshiyと得意のバッテンマークを出す。2年継続したPUUの時代はこうして終わりを告げた・・?
終わってない?・・・そう言うことにしておこう。
 


とにかくYOSHIYにとっては最高の日であったに違いはなく。帰りの懇親会では、満面の笑みで勝者の美酒に舌づつみを打っていた。もともと繊細な釣りをする彼だが、今日のマッチンはその繊細さにさらに磨きを掛けたように思えた。このままBIGONE内でぶっちぎりもありえそうな勢いであった。この次は神津島への遠征釣行である。ここにきて勢いをつけたYoshiyは、最高の形で神津島を迎え撃つ!彼のレポートはこちらにて⇒Come on Dream fising