磯に渡って1時間が過ぎる頃から強く吹き出した風はやがて雨も伴う大荒れの状態となった。背中から吹き付ける雨と風がイスズミの猛攻にあっていた私たちに冷たく降り注ぐ・・・まもなく昼と言う頃、35aくらいのメジナを釣り上げ何とかメジナ坊主は避けられたものの、まだ良型の姿は拝めず・・・寂しい雨の中の昼食を迎える。「昼食で少しポイントを休ませたら状況変わるかもしれませんよ?」なんていいながら30分くらい食事休憩をとって釣りを再開すると・・・先ほどの化け物イスズミに比べると引きは弱いもののまずまずの重量感で上品な引き味の魚が竿を警戒に曲げる。足元に寄せてくるとさらに激しく締め込み始めた「竿先も叩いていない!これは!」と慎重にやり取りするとようやく40aクラスの尾長が姿を表した。とりあえず一安心。しかしこの後が続かず時折、イスズミが竿を曲げる厳しい時間が過ぎる。

時計の針が2時を指そうと言う頃になると猛烈な雨が降り始めた・・まさに嵐・・パンツまでビショビショになって心の中で「おいおい!!聞いてないよ〜〜こんな天気〜〜!!」とめげていると・・・

私たちの後ろの方でなにやら声が聞こえる・・・振り返ってみるとタモの中に何か入れたゴエが手を振りながらガッツポーズをしている・・「なに???なんなの?」

「ねぇ〜!なに〜〜??メジナ!??」と聞くと、またもやアカベコのように大きくカブリを振っている。磯伝いに側までやってきた彼が手にしているメジナは目測50aはあろうかと言う大物・・メジナの良型が釣れていないのでますます大きく見える・・・「なんだ〜〜!それ〜〜!どこでなにしたん!!??」訳のわからない言葉を発し聞くとワンドの中で道糸が爆発したらしい。。良い型のメジナである。それを見て黙っているわけにはいかない!なにを隠そう彼はクロダイ師である!そして良型のメジナを釣って

「メジナぁ〜〜あんまり嬉しくないね〜〜( ̄ー+ ̄)」

なぞというたわけたことまで言っている・・・そう言う割には写真の笑顔は近年まれに見る満面の笑みであるが・・・笑

「今が時合!!!」空襲警報が発令されたのごとくコマセの空爆を開始する、まるで筋書きがあるかのごとくその1投目に久々に道糸が弾けとんだ!「バリバリバリ!!」恐ろしい音を立てて出て行く道糸に多少戸惑いを感じながら決心を決めてフリーにしているリールのベールを起こす!「ガン!!」衝撃とともに驚異的なパワーが制覇2号を元竿からひん曲げる!ドラグが悲鳴をあげる!「きた〜〜〜〜〜!!!!」頭の中で何かがはじけ飛んで両手でも止めきれない圧倒的パワーに立ち向かう。

「やっと止まった!!」追い合わせを入れるともう一度暴れだす・・シモリに注意しながらジワジワと寄せにかかる・・足元にくるとその締め込みで突然魚自体の重量感が竿に伝わって興奮が最高潮に達する!!尋常じゃない竿曲がりに隣にいた「ハセさん」がタモを持って駆けつけた・・・まだ見えない・・ウキが見えてからもなかなか姿を表さないその強引に目を凝らしながら水面下の大物にくぎ付けになった。やがて浮いてきた魚には見覚えのある3本の線が・・・・。・゚゚・(×_×)・゚゚・。おお泣き

しかし・・・でかい・・・アホみたいにでかい・・・50aはゆうにある・・下手したら60pに近いのでは?と思えるほど大きなサンノジで私の肘は完全にグロッキー・・めげそうになったが今が時合。ここを逃したら釣り人じゃない!!そう言い聞かせもう一度仕掛を振り込んだ・・またもや同じようなアタリ!そして同じような引き・・同じような死闘・・・そして同じ3本線・・・(-_-#)ピクピク これを3連発作り返しさすがにめげた・・。

撤収まで15分・・・最後のチャンス・・・その時またもや同じようなアタリ・・足元にきた今度のサンタは今度がさらに元気!!何度も突っ込みを繰り返す!「も〜〜このサンタクロースめ!!いい加減上がって来い!!」そう思いながら竿でためきると水面を割ったのは3本線の無い奴・・・「なんだよ〜サンタじゃないじゃん!!」( ̄○ ̄;)!っていうか!!メジナじゃん!!!!!」なんだか訳のわからない状況の変化にパニくった。。しかも結構・・いいや私の実力にしてみればかなりの良型。体高があって尻尾もキリっとして綺麗・・魚図鑑のモデルになるような見事なスタイルの尾長メジピョン!!50aには届かなかったが47センチの良型尾長をお互いにキープ・・・こうして終了直前のドラマは幕を閉じた。

 
「ハセさん」は尾長の姿を拝めなかったが特大ニノジと特大サンノジを上げてとりあえず強烈な竿曲がりを楽しんでくれたようだ。。最後のメジナを上げてすぐに撤収の時間がやっていてバタバタと道具を片付け帰路に着いた。。もう30分あったら・・もう少し風が弱ければ・・・欲を言い出すときりが無いが条件的には恵まれてはいなかったが竿曲がりという釣りの最高の醍醐味は嫌と言うほど楽しめた。。結局、上記のサイズ2枚と35a〜40aを5枚の釣果だった。その他ブダイ一尾・イサキ5尾のクーラー満タンの釣果でした。

来る今月末のBIGONEの上半期の総決算釣行を前に調査部隊としては良い仕事をしたと言うことで、この抜け駆け釣行は勘弁してもらえるものと思っているのは私だけだろうか・・・家に帰ってお土産メジピョンを「PUUちゃん」に分けてあげたら一番美味そうな40a弱の茶グレを黙って持っていかれた・・・。

以上・・・抜け駆け釣行だったのでさっぱりと簡単に・・カツ思いっきりレポートさせていただきました。。。