満を期して底物デビュー!ゴエちゃんの底物デビューの日がやってまいりました。。本人いわく「デビューというよりもこれは拉致だ!」といっていましたがとにかく初チャレンジです!明日から・・梅雨が明ける。。そうニュースで言っていた7月の最後の日。今期底物絶好調の白浜沖根・・・底物ド素人の私たちでもひょっとしたら釣れるかも!そんなタナボタのみを期待した釣行を実施した。観測史上2回目?とかいう長い梅雨で今年は、どこのビーチも閑古鳥、海の家は壊滅状態という南房方面へ車を走らせる。少し速く出発したのでゆっくりとのんびり走ってはいるが館山自動車道は快適に流れていて僅か1時間程度でなじみの釣具屋さんについた。

「伊豆へ向かっていたら・・今ごろやっと蛯名に着いたって感じだねぇ〜」
「昔は南房白浜に釣り〜〜〜???バッカじゃね〜そんな遠いところまで・・・」

なんてほざいていたのに今は白浜が物凄く近いところに思える・・。さっそく釣具店で底物の仕掛けを購入する。ゴエにしてみれば始めてみる物ばかり・・馬鹿でかい針とワイヤーにまずは「???????」そして35号の錘に「??????」見るもの全てが強靭な物で、神津で4号ハリスや6号ハリスなどという代物を使いも、さすがはイシダイ仕掛け・・その比ではない。

「こんなもんで何?釣るの?クジラ???」今にもそう言わんばかりのゴエの表情が妙に笑えた。
釣具店を出てから、走りなれた白浜への道を下る。釣りに出かける感覚がすっかり神津島の感覚になれているので驚くほど早く白浜渡船に到着し車の中で仮眠を取る。「いや〜〜久々だなぁ〜〜」つい先日、スイカで玉砕されて以来の釣りになるが、なぜか白浜は妙にドキドキする。

初めて沖磯に出たのがこの「白浜渡船」今でも初渡船の時のことを鮮明に思い出すことが出来る。未知のフィールド「沖磯」への期待感と緊張感、そしてちょっとの恐怖感、エキスパートばかりが集まる場所という妙な緊張感もあった・・そんな複雑な思いで白浜渡船を訪れたのはもう随分昔のことになる。おそらくその特別な思いからであろうが、いまだに白浜に来たときはドキドキする。

夏時間になった白浜渡船さんはまだ薄暗い4時半ころには渡船を開始する。今日はゴエも私も底物一本!初の石鯛ゲッチュにやる気満々!ゴエは底物初挑戦!仕掛けの作り方、餌のつけ方、仕掛けの投げ方と順番に教えてようやう段取り終了。

さすがに上物のキャリアーがあるだけにさほど手間取ることも無く、第一投のその瞬間を迎える。

「バックラッシュだけ気をつけてくださいね〜!サミングを忘れないで〜!」

そう声をかけるとゴエは「分かってるよ〜」と言わんばかりに頷く。

「いしししし・・・見てろ!そんなにやさしくないぞ〜〜」

さぁ !注目の第一投!振りかぶって〜〜〜投げたぁ〜〜!!
バシュルバシュル嫌な音が手元から聞こえる・・・

「うえ〜〜〜〜ん!!ひどいことになっちゃったぁ〜〜〜」
こうしてゴエは底物釣りの最初の洗礼(バックラッシュ)を受けてイシダイマンデビューを果たした。その後、数投はバックラッシュと戦う羽目になる。。

大島のポイントはほぼ2箇所に分かれるが今日は、海に向かって右側のポイントに入った。そこは時折波が這い上がってくるが磯は足場がよく石鯛釣りにはもってこいの磯。しかし目の前に横に大きく根が広がっていて石鯛が食ってくるポイントはその根の向こう側と聞く。その根まではやく50メートル。石鯛がつれるポイントまでは70メートルくらいの遠投が必要になる。そのポイントを狙うべく、気合を入れて遠投を試みて、万が一バックラッシュなど起こそうものなら、仕掛けは根のど真ん中に落ちることになる。つまり投げた瞬間に根掛り・・・( ̄○ ̄;)!

朝一番でこの失態を披露した私は道糸がたか切れ・・仕方なく大和田船長にお迎えを頼んで近所の釣具屋さんで18号の道糸を購入する羽目になった・・(/o\)

8時くらいが時合と大和田さんが言っていた。まもなくその時刻になる。日が上がってきて、無風なのでかなり暑い。あごからポタポタ汗が滴り落ちるが、まだ集中力は持っている。丁度、時計が8時半を指す頃になって今までの餌取りのあたりと違う変な動きが穂先に現れた。竿が跳ねていないのでナマダのあたりでもなさそう。波の動きにまったく合わないあたりは「ググググ」と穂先を締め込み2番くらいまでがゆっくりと曲がっていく。

「これが本命の前あたり!!???」
「よっし!!!入れ!動までズボンと入れ!」

そう言いながら見据える穂先がまたもや「グググググ」と入っていく!!「よっしゃ!!もう一息!入れ!!景気良くいけ〜〜〜!!」数回同じような動きを繰り返したのち、穂先に反応が無くなった。。。仕掛けを回収するとサザエの堅いところが真っ二つ。。う〜〜む。。なんか食ってた・・・とりあえず・・\(^o^)/ぅわ〜ぃ楽しい!!ゴエにも同じようなあたりが・・・同じように数度穂先をまげてあたりは遠のく。こんな煮え切らないアタリがその後数度あったが、結局竿はズドンと入らなかった。

石鯛の本アタリとは・・竿が胴まで入る・・いきなり魚が走り出して竿が海老反る・・こう聞いていたが期待したそのアタリは出ないまま・・。言うまでも無くここで私たちの集中力は完全に途絶えた・・徐にクーラーボックスを開けてカチンと冷えた麦の飲み物をグビグビと飲みだすと急にさっきまで多少我慢ができた厚さがこみ上げてくる。それでも竿の側で穂先を見つめながら半分廃人のようになってまどろむ私はまとも・・。そのうちゴエはおしっこする場所を探す犬のように磯の上をウロウロしだす。

「何を探しているのかな?」「まさか!ノグソ!!??」そう思いながら彼を目で追っていると急に方向転換しニコニコ笑いながら私の元へ。。「ちょっと行って来るわ!」上半身裸の姿でタイドプールに飛び込んだ・・・(-_-;)おいおい・・まるで露天風呂にでも入るようにタイドプールに浸かった彼は深い眠りへ落ちていった。

中々あけない梅雨がようやく明日から明けるといわれていた関東地方。白浜は一日早く梅雨明けをしたようで空には入道雲がそびえ立ち夏の空が広がっている。。。あまりの暑さにほとんど干からびたトドのように磯に横たわる二人に軽やかな楽しそうな声が聞こえてきた。その声に釣られ振り向くと・・そこには磯遊びをする家族ずれの姿が・・・小さな子供と戯れるのはまぶしいほど色白の若奥様・・・この時点でゴエと私のガマンは一気に消し飛んだ!このままここにいたらあの若奥様を拉致しかねない!そんな衝動を感じた私たちは大和田船長にお迎えの電話を入れて大島を撤収した・・。結果は勿論坊主。

白浜渡船さんでシャワーを借りて悶々としていた頭の中をすっきりさせてコーヒーを頂きながら今日の釣りの話をしていると、そこにおっかさんがやってきた。
「あたりもなかった??」そう聞かれて「押さえつけるアタリは何度もあったんだけど・・・グイっと胴まで入んなかった・・・」と答えると・・

「バカ!!!なんでそこであわせないの!!!今の時期はそれが本アタリなの!!」

というキツイお言葉・・面食らって目を点にしている私たちに「胴まで入るあたりは適水温時の石鯛釣り!つまり春の釣り!!」「今の時期は水温が高くて動きが鈍いからそのアタリで先手を取らなくちゃ釣れないのよ!!」ととどめを刺す・・。ありゃりゃ・・・そうだったんだ・・・あれであわせなくちゃいけなかったのね・・(T-T)
その後、白浜の石鯛釣りのレクチャーを受けて白浜を後にした。石鯛釣りはガマンの釣りで向こうあわせと思い込んでいた私たちには結構ショックな話で、白浜でこの時期に型モノを上げているベテランさんは、ワサのアタリのような小当たりを拾う攻めの釣りを展開しているそうだ。。さすがに磯の王者釣り。。奥が深い。。

今年の白浜は近年まれに見る石鯛のアタリ年。幻をその手に掴むチャンスが限りなく高い。銀色に輝く素晴らしい石鯛をこの手に掴むべく再戦を決意し帰路についた。
■番外編!!8月2日に花火大会で浴衣釣り??に行ってきました!その様子はこちらから