当日は突然の釣行だったこともあり、スペシャル!ハード&タイトな時間割での出発でした。メンバーはYOSHIY、KURO、TAKAの3人だったこともあり、車をだすYOSHIYの自宅集合ということになりました。今回の釣行先「伊豆・伊浜」は5/10から夜釣りがスタートしているからなのか、朝の出船時間が冬は6:00だったのが5:00になっているので出来る限り早めの出発を心がけました。そのためにTAKAさんおいては電車でyoshiy宅まで来てもらうという大変な苦労をされていました。そんなこんなで、久しぶりの伊浜港に辿りついたのが 出船10分前「4:50」でした大急ぎ!大急ぎ!超!大急ぎで支度をすませ船に飛び乗り港を後にした。
 

「次に此処に戻るのは24時間後かぁ〜」「初めての夜釣りだぁー」「どんなドラマが起きるのかなぁ〜」なんて心の中で呟いたりした。港を背にズンズン♪ドンドン♪「海はよぉ〜俺の海わよぉ〜♪」なんて演歌ではあるが男のロマン!磯釣りだぜ〜なんてふけっていたんだけど、今日はやっぱり想像通りのベタ凪!ベタベタのベタ凪、、、(いつも伊浜の海ってこんな感じが多いような気がする)

基本的に伊浜では何処の磯におりるのかは船長任せなので、とりあえず先に降りていく釣人の手伝いをしてウォーミングUPをする。
程なくして人気の磯「ササラ」が見えてきた、、、すると「ビッグワンさん、ササラの次にハラモに着けますので、そこに2人、ウラハラモに1人でお願いしますね」と船長の声がかかった。

夜釣りの道具をもって降りるには狭く足場の険しい磯だったので、各自「魔法の爆釣3点セット」を持ってTAKAさんと「ハラモ」に降りた。KUROさんすぐ隣に見える「ウラハラモ」慌ただしい帰宅、慌ただしい集合、そして慌ただしく準備を済ませて。今やっと磯に降りた!忙しいついでに超ハイスピードで仕掛けをセットして「さぁ〜釣るぞぉ〜!!」と先陣を切るのは「yoshiy」です(笑)

で、いきなりですが1投目に!!「大メジナ!50cmジャスト」です!! ←←  USO、うそ、ウソです。

本当は数十分後には竿を置いて、断崖絶壁をロッククライミングしてzzz・・・と日光浴をしていました。調子良くメジナを釣るのはTAKAさんだけ、そんなに時間に飽きたKUROさんとYOSHIYはいい子だから早寝していました。ずいぶん寝たかな〜おそらく2〜3時間でしょうね、タップリ!体調を回復させて釣りを再開して早々にKUROさんが40cmくらいの口太をGETした、一応その後はポツポツとTAKAさんが午前中に楽しんでいた30〜35くらいのメジナが釣れるようにはなっていた。

当日のメジナは30cmくらいでも結構!引きが強く感じられた、YoshiyはGV125-53でハリス2.25号を使ってたんですが、カナリ満月になっていた。元々がバッドの柔らかい竿、曲げて溜めて寄せる竿なので驚きはしないけが、前回の釣行(ウラハラモ)ではこの竿に2号ハリスで良型と格闘!満月の末に主導権を取れずにハリスを飛ばされた痛い思いであったので、今日の状況で型モノが来たら不安と思い制覇2HR+ハリス3号にチェンジ!した。やっぱり2号竿は強い!さっきまでは楽しく寄せて楽しんでいた30cmクラスのメジナも軽〜く上がってきちゃう、まるでキーホルダーサイズの魚のようだった。
 

そして型モノは突然きた!

制覇も曲がる竿だと思っていたが、明らかにパワーと重量感がBIG!遠投ポイントでの締め込み+ハリス3号そして「つ」の字を描く制覇2号、穂先から伸びたラインもこれまた!ピン!と綺麗に海に突き刺さっている(イイ眺め!)楽勝ムードはタップリ!余裕のよっちゃん!なのだ、確かに重量感もありパワーもある、ドラグもジジジ〜ジと10回以上は逆転した、、、でも、余裕っす!!

不思議な釣り味の魚だな〜?なんだろ?って考えながらロッドを腰にあてて片手で余裕のやり取りをしていた!? というよりはドラグが逆転していた、「さーてと」と寄せるかな〜という感じで作業開始、重さはある、でもさほど暴れない、竿からは「コクン!コクン!」と音が聞こえると言っても大袈裟ではない振動のみが伝わってくる・・・なんだろ?

同時ヒットとなった隣のTAKAさんは良型イスズミと判明・・「マジ・・・オレのもババタレ〜泣」と凹んだ瞬間に現れた!ギラギラって水面下に光るBODY!!「うぉ〜マ・ダ・イ!」じゃん!じゃーん!で次の瞬間には死んじゃったの?みたいな感じでポカンと浮かんで来た。

サイズ:51cm/1.7kg きれいで可愛いが印象の初マダイでした

釣り味はベリー上品ですね、サイズが大したことないからなのかパワーの面では同サイズの口太の方が上かな?って思いました
難しい表現なんだけど、「上品なパワー」とか「バラしにくい」とかって言えそうな釣味かなぁ〜。

そうなると前回GV+ハリス2号で主導権を取れなかった魚は何???
今回のマダイがGVだったら苦労しただろうな〜でも、バラす程ではなかったような気がする・・・ということは前回バラシた魚は何?サンノジ?それともイスズミ?「ん〜サンノジってことにして忘れようっと」いろんな竿・号数を使い分けるって難しいね(笑)
 


夕方から、夜も安心のメチャ広くて足場のいい「マナイタ」に移動した
夜の磯は初めての経験だったので楽しみだったが、期待していたほど釣れなかった(泣)それでも、夜らしく「イサキ」と「ハタンポ」っていうエサ取りは釣れました。イサキは美味しい魚なので本気で攻めたけど結局は2匹全体でも5匹だけに終わりました。ちなみにサイズは25cm〜30cmくらいとやや小ぶりでした。

今回は九州の釣り人KUROさん、TAKAさんに改めて磯の遊びかたを伝授されました磯に泊まることを「瀬泊まり」というんですよね。聞いたことはあったけど、実行したことはなかった、、ましては磯で「焼肉」をするとは尚更経験していませんでした。話には聞いてはいましたが、想像以上に気分の良い!遊びレジャーでした。みなさまも機械が有れば是非!竿を休めて磯でOUTDOORってのも楽しいですよ
(ただしゴミは必ず持ち帰りましょうね)


■■釣行データー■■

■日時:2005年5月21日 AM 5:00〜22日 ■場所:伊浜 宝洋丸 ■釣行メンバー:Yoshiy/Taka/Kuro 

■渡礁磯:ハラモ〜裏ハラモ〜マナイタ ■釣果:メジナ40a前後多数 真鯛51a:1.7`(Yoshiy)