救命救急訓練が終わり、時刻はようやく12時をまわる頃になった。魚介類のたりない食材を買出しに「白浜漁業組合」へ行くと馴染みの方々がいらっしゃって鮮度の良い「伊勢海老」「サザエ」などの海鮮類を分けてくれた。もちろんただではない、当然、購入したのだが白浜漁業組合では一般の人間が買いに行っても新鮮な魚介類を安価で販売してくれる。対応も丁寧で感じが良く是非、夏場のバーベキューなどの海産物の買出しには利用してみてください。

BBQのステージは「根本マリンキャンプ場」である。浜辺に直接車を乗り付けて海のすぐそばにテントを設営できる。まさに浜辺のキャンプ場。キャンプファイヤーなどは出来ないがBBQ程度であれば問題なく可能。近くに水洗トイレもありシャワーも完備。女性が同伴でも問題なくデイキャンプや本格的なキャンプを満喫できる場所。
キャンプの設営はスイカ釣りが中止になったので朝一番で行い、波打ち際の特等席を確保。朝一番はまばらだったキャンパーも海防訓練を終えてキャンプ場に戻るとすでにあふれかえっていた。車を止めるスペースも無い状態・・人気のある場所とは聞いてたがまざまざとその人気ぶりをこの目で確認。しかもデイキャンパーが非常に多く、さらに海水浴も出来るので海水浴客もめちゃくちゃ多い。浜辺は凄い賑わいぶり・・これから開催される宴会にはうってつけの状況!ましてや当日の白浜は海こそ悪い状況で波は高かったが海水浴であれば最高の状況、なによりもお天道様がギラギラでまさに常夏の様相。とにかく熱い。死ぬほど熱い・・・何もしなくても汗が滝のように吹き出してくる!

当日、用意した飲みものは・・ビール3ケース;チュウハイ2ケース;ジュース類4ケース、凄まじい量である。PUUちゃんが上記の右の写真にある通称「棺おけ」と呼ぶ「発泡スチロールの巨大箱を用意してくれたのでその中に大量の氷と水でカチンカチンに冷やした。ついでに肉類は実に5キロ以上、魚介類は「伊勢海老5キロ以上」「サザエ10キロ近く」まさに食い放題、飲み放題ともいえる圧倒的質量。果たして・・これだけのものを総勢20数名で食いきれるのか??まじで不安。

さぁ〜〜!!用意は出来た!いつの間にかはじまっちまった灼熱のサバイバルレース!カチンカチンに冷えたビールの栓は抜かれた!恐ろしい!おぞましい!怖い!こんな表現がぴったりなほど物凄いペースで「棺おけ」の中のアルコールが消えうせていく・・おまけに追加で焼酎やら日本酒やらが出てきて・・・誰があけたんじゃい!( ̄○ ̄;)!その追加までもが蒸発するように胃袋に収まっていく・・・比例して・・人間だった方々が次から次へとゾンビへ変貌・・・(-.-;)y-~~~根本キャンプ場はさながら野戦キャンプで食料をあさる難民たちの集まりのやう。(笑

下の写真はあまりにも皆さんの表情がいいのでアップで見れるようにしたよん!笑
 
圧縮したものを一気に爆発させるかのごとく加速した宴会。あちらではハードロック談義が大いに盛り上がりアカペラロック合唱会が始まり、とある場所では、スッポンポンの海岸ダッシュ・・( o_o)よせっ!そして、その傍らでは、腕相撲も始まる・・。今回、参加して頂いた某研究所「所長」は、そのみなぎるパワーを大爆発させ、傍らにいる奥様はおしとやかにお説教・・・(;^_^Aフキフキ

しかも酒が足りないらしくバーボンの追加を要求。同じく一時期バーボンとは何たるか!!とあの樽の焦げた匂いにはまった私としては、ここぞとばかり勝負を挑む!!!・・・・が玉砕。プラスチックコップにおもむろにガバガバっとBを注ぎ「グビッ!」と飲むご勇姿におぱかなり凹む。
もともと、酒の席でのパワーは、異常とも思える盛り上がりを見せるBIGONEのメンバー達、海防訓練をやり遂げた充実感と達成感、さらに火に油を注ぐようなスーパーゲスト(すでにゲストではなくなっていたが・・)のボルテージに引火・・過熱・・そして破裂・・・ウミマサを筆頭に次々に壊れていく姿は本当に地獄絵図のようだった・・・鬼笑