南房総、白浜。
白浜沖根〜江ノ島、大島、高島、マッチン・・・白浜根本 御神根〜 西ノ島、中ノ島、東、小島・・・白浜の磯には通い続けた記憶がたくさんあるが・・ここ川下の磯はそんな磯の中でも未開の地。川下は、スエ島や前大島、ドロタ島などと多くの磯を抱える場所であるが、上モノでここに渡る人は少ない。その理由は、ひとつここは底モノ師の楽園であるから・・・。

そんなマニアックな場所だからこそ一発狙いでBIGONEの面々が、ここ川下を初釣りの場所に選んだ。

 
 

乗った場所は長島のハナレ。白浜の地磯に精通している方であればすぐにどこだか分かると思うが、目の前の島が鳥島と呼ばれる島である。そして釣り人が腰掛けている場所が旧ガーデン下磯の並びでも人気の場所、鳥島ウラの磯である。磯の雰囲気や特徴などは旧ガーデン下の地磯と酷似しているが、やはりハナレ磯だけあって地磯群よりは、かなり沖目にあり水深もあることが特徴。

また、このハナレは、比較的凪のよいときでないと乗れない低い磯でもある。川下磯に渡してくれるのは「勝丸渡船」先代の船頭の頃からの付き合いがあって今回、川下でのメジナ釣りが実現した。

さて、磯の状況を説明しよう。

この磯は、ポイントは多く、複数名で乗っても結構釣りになる場所である。裏側で2〜3名は竿を出せる、また沖目は、長島の本島との間のハナレに2名、ハナレの長島向きのポイントに2名、左側に2〜3名は竿を出すことが可能。磯は小さめであるが収容人数は多い、磯は低く、うねりが這い上がることもある。チャランボは必須。

磯の特徴としては沖向きのポイントは思いのほか水深があり、左側の足元でさえ、10メートル近い水深があると思われる、 房総半島の磯では珍しく水深があり、仕掛けをどっぷり沈めて釣りができる場所。したがって足元や際などが非常に有望なポイントになり、伊豆半島周りの磯釣りのような際釣りが楽しめる場所。

 
 
裏側もそこそこ水深があるので時期や状況によってはクロダイも結構期待できそうな気配、長島本島とハナレの間を抜けた波が裏側でよいサラシを作り出すので専門的にじっくり狙えればメジナの型モノも裏側でも有望か??
そんな雰囲気の良い磯、それが第一印象、なによりも上モノ師がそんなに入っていない??と言われているのが魅力であり、それは場合によっては魚がスレておらず、まさに純粋無垢なメジナが竿をひったくるメジナ天国の可能性も秘めている、逆に上もの師が入っていないと言うことで、磯にコマセが効いておらず、魚が付いていないということもある。

なんにつけ、初めての磯、期待で胸が膨らむ。

初めての磯に乗るときというものは、いつもこうしてアドベンチャーな気分になる、あたかもコロンブスが新大陸を発見し始めて上陸を果たしたときのような気分である。