磯際に狙いを定めてまずは第一投、ウキの動きを見ている矢先・・・いきなり地元釣り師の竿が沖目に向かって曲がる。

あれっ!?いきなり!???

そこそこの型のようだ、竿はなかなかのしなりを見せて魚がゆっくりと足元へ寄ってくる・・・メジナだ!!しょっぱなから食ってきたのは35センチくらいの尾長メジナ♪

キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!! おいおい!どうなっちゃうの今日はぁ!!(*゚∀゚)=3ハァハァ

にやけた顔が元に戻らない〜♪ふっと隣のウニマサを覗き込むと私同様、脳汁垂れ流しの表情・・・爆。
願ってもいないいきなりのヒットにこの先の夢のような釣果を想像しにやけ顔で仕掛けを入れる。

竿、1本だねぇ〜!!

親切な地元釣り師はそう言って教えてくれた、( ̄ー ̄)ニヤリ・・1本ねっ!OK ! !
寒の時期のメジナ釣りなんてことすっかり忘れて、頭の中にはクーラー満タンの欲望が走馬灯のように回る。

よっしゃ、そんなら!しっかり!きっちり!タナとってマシンガンのように釣りまくるぞ!!!

仕掛けをいきなり変更し爆釣をもくろむウキ下ばっちり1本の仕掛けへ〜♪

し・か・し・・・・。

ひと流し・・・・(¬_¬)
ふた流し・・・・(=_=;)
さん流し・・・よん、5・6・7・・・流し (¬з¬)・・・

1時間・・・・2時間・・・(T-T)食わん!!!!!

いつの間にか陽はすっかり上がり、ポカポカ陽気の陽だまりの中・・・私たちは石取根の流人となる・・・_| ̄|○ガクッ


 
 
メジナ釣りには良くあることだが、朝一番の一発でその後、まったく食わなくなるという怪現象。こっ・・・これは・・・このパターンは・・・悪いイメージが脳裏をよぎりだした頃、ようやくウニマサがかけた。

沖目、50メートル・・・ブンっ!!って竿を持っていくアタリ。「来ましたよ〜〜!!」ワントーン高い声でウニマサが勝ち鬨の声を上げる( ̄ー ̄)ニヤリ 遠めの魚を難なくヨセて上がってきたのはメジナ(尾長35cm弱)

おっ!!!いるね〜〜〜よかったよかった!やったね!ウニマサ!!!

まだまだ余裕を見せることができる・・・今に見てろ〜〜♪あれくらいならすぐ釣れるべぇ〜!!
そう安易に考えていた私・・・

しばらくの時間を空けてまたもやウニマサがヒット!!今度は足元の深いところ・・・!!またもやメジナ・・・(>з<)=з

同じ場所で釣ってるのに・・・なんでウニマサの仕掛けには食う!???( ̄ー ̄?) 
ふっ・・・と時計を見ると・・・Σ( ̄□ ̄;) げっ!!すでに12時を回っている。

私は、この時点で使った付け餌は僅か20匹???あたりすらない・・そうまだ魚をかけていない、そうですよ!そう!いわゆる完全坊主・・・(T-T)
 
 

隣の地元釣り師にもアタリはない・・・しかし彼は最初にメジナを釣っている・・・私は・・・まだ・・・メジナどころか魚を釣っていない、この頃から、あせる気持ちにビブラートをかける様にあの忌まわしき思い出が脳裏をよぎる。御子元島メジナ坊主。

(/\) \(^o^)/おぱさん!やばいっすよ!そのジャケット!

となりでウニマサが満面の笑みを浮かべながらジャケットを責めている・・いやあの顔は・・・Σ( ̄□ ̄;)
ここまで完全坊主の私に喜んでいる。

おぱさ〜〜ん〜〜( ̄ー ̄)ニヤリ ここで坊主だったらみんな喜ぶなぁ〜〜ニヤリ、
海春でしょ〜〜浜ちゃんでしょ〜〜あっクロさんもすっげ〜〜喜びそう!!爆!きっとYoshoyさんなんか〜そんなときもありますよ〜♪坊主!坊主でしょ〜〜♪な〜んてやさ〜〜しい言い方で思いっきり喜びそうっすね!!!

・・・・・・・・(=_=;)ヤバイ・・・それはマジでヤバイ・・・。

あっ!!言い忘れました〜〜♪もちろん!私も大喜びで〜〜す!!!♪

_| ̄|○ガクッ

不安とあせりでいっぱいで今にも張り裂けそうなか弱い私の小さなハートに釘を突き刺す悪魔のささやき。

コマセを撒けど撒けど・・・いまなお、メジナに出会えず・・・・・・・・・・じっとジャケットを見る・・・・(T-T)