額に流れる変な汗を例年同様・・・ぬぐいつつ、一心不乱に竿を振る・・いまだ・・アタックなし!!

ようやくマーカをつけていない私のラインがピョイ!と動く!

(`へ´)よっしゃ!来た!!!

電光石火の反応でスローモーションのようなあわせをゆっくり入れる!乗った!!!

Σ( ̄□ ̄;)!!!でっ!でかい!!!!

( ̄ー ̄)っふ。

おろかな奴よ・・・この俺様の鉄人、否、魔性の誘いにまんまと乗りおって・・・この俺がここに来たことがお前の悪夢であり不幸な運命の終焉だ・・・数多の釣り人のラインを引きちぎったであろう貴様のその暴力的な引きも・・・

( ̄ー ̄)っふ・・・・この私にとっては、久々の密会を楽しむ恋人同士のマーマレードのような甘ったるい愛撫に過ぎない。

さぁ〜観念しろ・・・貴様の運もココで終わりだ!!この俺様のバレーダンサーのごとき竿さばきダンシングの前にひれ伏せろ!!どうだ!!むーんらいとあた〜〜〜っく!!!!

 
 

( ̄ー ̄?)( ̄ー ̄?)???白昼夢!???

そんなイメージを垣間見た・・・・はっ我に返ると私の正面の釣り人が華麗な竿さばきでカナリの大物とやり合っている!

・・・_| ̄|○ガクッ

あまりの釣れなさとお天気のよさで・・・カナリぼ〜〜〜っとしていたようで自分が釣っていたように思い込んだ・・いや、
思い込みたかった・・・。

その釣り人が10分以上のやり取りの末に上げた魚は、もちろんまごうことなき「トラウト」それも60cmオーバー!
やっぱりいるんだ!!!このヤチパラのトラウトポンドには!!

この大物の出現で絶好調マースケとウニマサは俄然気合が入る!
俺と・・・PUUには・・・・変な汗が滝のように滴り落ちる・・・・ ( ▽|||)

 
 
この後、ようやく私にもアタリがあり・・・なんとかトラ坊主は回避・・・こうして残るはPUUだけががけっぷちに立たされる。

こんな状態が暫く続き・・・ただひたすら竿を振るPUUの顔から笑顔がなくなった・・・
無言のPUU・・・・

しかし・・・・そのPUUが長い沈黙を破って口を開いた・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
・・・・・。

も〜〜〜〜かえってのんだくれんべよぉ〜!!

( ▽|||)ガ〜〜ン・・・・完全に試合放棄・・・爆

 
 
どうも・・・PUUには・・・ラインのハシリでアタリが取れると言うことが理解できないようである。
確かに活性が高いわけではないのでビュッっとラインが走るわけではない。

リーダーとラインの境目がゆっくりと変化をつけながら走る・・・いや・・・シモると言った方がよいアタリ。