そんな、アタリの出方の説明をしていると・・・モゾモゾっとラインが流れた!

PUU!!アタリ!!アタリだよっ!!

電光石火でPUUがあわせる!・・・・残念・・・すっぽ抜け・・・う〜〜〜〜む・・・奥が深いぞこの釣り!!

ラインでアタリを取る・・・・・

磯釣りでも激シブのメジナ釣りの場合、こんな釣りをすることがある・・そう、凪倒れ気味の時のノーシンカーのスルスル釣り。適度に道糸を張って、ノーシンカーの軽い仕掛けをゆっくり落とし込んでいく・・・もちろん、ウキにビュッって言うようなアタリなんかでない・・ウキの違和感を感じただけでメジナが餌を離す・・・そんな時は確かに道糸の変化でアタリを疲労釣りをする・・・

なんとなく勉強になるトラウトのあたり。。

そんな話をしていると・・・ようやく!!ようやくPUUがかけた!!

 
 

あのぉ〜〜〜〜〜〜・・・・


・・・・・・・・・。
・・・・。

やり取りが・・・・露骨に・・・

磯釣りです・・・ ・・・凹○コテッ

 
 

結局、その後、勝手をつかんだ磯人たち。

なんやかんやで爆釣。

そんな中でも一際、輝きを見せたのは・・・マースケ。まさに一投げ必釣状態。
それなりに数も型も楽しめた日曜日の昼下がりのトラウトフィッシングだった・・・。

後半に限って言えば、まさにフィッシングハイ状態、姿を見せるないなや、豪快に食ってくるトップウォーターの釣りから、少しづつ沈めて微妙なアタリを拾うミドルレンジの釣りまで色々な釣りが堪能できた。没頭するとはまさにこのことで
釣りに行きたい症候群に侵されつつあった我々には良い治療になった。

八街釣りパラダイスは、八街の中心地に程近い場所にあるにもかかわらず、木立の木漏れ日に溢れた癒しの空間を訪れる釣り人に提供してくれるまさに都会のオアシスのような場所。
豪快な大海原と対峙する海釣りはやっぱり魅力的だが、日曜日のポツンと空いた昼下がりの時間の釣りでさえ、こんなに楽しませてくれるこの場所も大きな魅力のある場所である。

今回は、長雨の影響で綺麗なトラウトポンドでの釣りとはいかなかったが、本来は大量の水をくみ上げ綺麗な水流でトラウトを見ながら釣りが楽しめる魅力的な管理釣り場であるそうだ。

また、行きたくなる。。。こんな単純な欲求になれることは、明確、シンプルに楽しめたと言うことの証。

夜にかけて行った大宴会の盛り上がり具合がその楽しさを証明する盛り上がり方だったのは言うまでもない・・・。





それにしても・・・・マースケ・・・・。


君のトラウト釣りのセンスには脱帽した・・・・







・・・・・・磯釣り⇒転向・・・・トラウト!!!決定〜〜〜〜!!! 爆!(≧∇≦)