ぽっかり空いた平日の休日・・・同行する仲間がいれば急遽予定は変わるもの・・・一路、伊豆を目指す。

「島に渡ろうかぁ〜それとも石取でも行く??」

とりあえず、場所は出発前だというのにまだ決めていない。

「入間は??練習したくない??」

そうS氏が切り出す・・・「入間かぁ〜〜確かにまだやったことない場所ばかりだねぇ〜」

「それに・・・この前は、釣りできなかったからストレスたまったでしょ!笑」

妙に優しげに聞こえるS氏の問いかけに思わず頭を振った。

「どこに乗る???」

明日の海の状態は今のところ何一つ問題なく、おそらくどこでも乗れるような状態であろう・・・。

なんとなく・・・・・・

・・・・・・
・・・。

赤島かな・・・・ただなんとなく・・・そう決めた。

 
 

いつものように東名高速を走り、清水Fで餌を購入し、入間へ到着したのは午前2時。
つかの間の仮眠を取って4:30分。

「どこへ行きましょうか???どこでものれっっよ!本当にいいの?赤島で???」

気さくに聞いてくれる船長。

「いいですよ!赤島で!赤島に乗りたい!」

こんなわがままを聞いてくださったのが、今回、お世話になった福寿丸さん。

「今日は空いてるから大丈夫じゃない??どこでも乗れるからOKだよ!」

先週の東レカップとはうって変わってガラガラの港で福寿丸へ乗り込む・・・。
公約どおり・・・福寿丸は軽快に赤島を目指す。

「どこでもできるからね!色々やってみて!」

そう言って船長が下ろしてくれたのは、赤島のテラス(裏)と言うポイント、このポイントは磯が低く、凪の日の
限定の磯であると聞く、この場所は、先日、てっちゃんが東レカップで乗った磯。

5尾の総重量で3キロ以上の魚を見事に仕留めたが僅かな差で予選通過を逃した場所。てっちゃん曰く・・・

「足元にでっけ〜のいっぱい見えますけど口使わないしかけても獲れないですぅ〜〜」

そんな話を聞いたら、大物命!元祖大物志向!BIGONEとしては、狙わずにはいられない。たとえそれが
メジナではなくとも・・・。

後から考えてみるとなぜ??こんなに赤島に固執したのか?
呼ばれたのか?呼んだのか?惹かれたのか?魅せられたのか?・・・。

 
 

赤島の裏側のテラスは、低い磯。満潮時だと少し波が這い上がるほど・・・念願??のテラスへ降り立ち場所を決める。2人で竿を出すには余りにも理想的な場所。まるでココは舞台のメインステージのよう・・・。

S氏が向かって右に釣り座を取り、私が左へ釣り座を取る。

見た目・・・潮は僅かに右から左に流れている・・・この潮からスタートだ。

■S氏のスタートのタックル
竿:ファイヤーブラッド1.2号 道糸:東レ2.0号 ハリス:東レハイパーガイア1.7号 ハリ:グレ針5号
■おぱのスタートタックル
竿:VIP TypeT 道糸:東レトーナメントSE1.7号 ハリス:東レトヨフロン1.7号 ハリ:速手グレ6号

私の1.7号の道糸を除いては・・・いつもの伊豆のスタンダードな仕掛けでのぞむ。

S氏の今日の秘策は「ボイル釣法」餌取が多いと言う前情報に対する臨機応変な秘策だ・・・コスイ・・まねを!笑